自分の身近にある危険を考える

誹謗中傷と言えば有名人が気を付けるべき事と考えられがちですが、インターネットが身近になっている世の中ではあらゆる人がこうしたトラブルに対処すべきなのです。例えばSNSを使用している人であれば、自分のコメントや記事から炎上が発生するケースもあります。そのような場合、記事に怒った人達が掲示板やSNSで誹謗中傷を始めるのです。できるだけこうした問題の拡大を防ぐためにも、誹謗中傷対策としてインターネット上に本名や住所を登録するのは避けましょう。

個人情報の漏洩を防ぐ

またSNSで個人的な思想や日常を描きたい場合、できるだけ鍵をかけるようにするのが最適です。そうしておけば自分の身近にいる人達しか記事を閲覧できませんので、外部で炎上する事がないのです。一方知り合い経由で記事が外部に漏れて炎上してしまった場合、まずは誹謗中傷の拡大を防止するために住所を特定できる情報を削除しましょう。どのような場所で何を食べたのかと言う情報から住まいがバレてしまう事もあります。また気を付けたいのが友人経由で通っていた学校が判明してしまう事です。

日常から誹謗中傷を防ぐ

様々な対策を講じても誹謗週腸が始まってしまった場合、法的に動く事が大切です。特に不特定多数の人達が閲覧できる掲示板で嘘やプライバシーが流出してしまった場合、そのような形で動かなければ誹謗中傷がやみません。プライベートの流出は身近にいる人から引き起こされますので、自分が法的に動いている事を周囲の人達に伝えておく事が大切です。もちろん誹謗中傷を防ぐ最も効果的な方法は、恨みを買わない事です。日常的に人を侮辱したり貶めるような事は避けましょう。

個人情報や誹謗中傷、風評など書きこみされてた場合は2ちゃんねる削除したい時は削除要請や無料相談などがあります。