ウェブ制作の流れについて

ウェブ制作とは何をする仕事になるか知っている方はいらっしゃいますか?大まかにいえばウェブサイトを作る仕事の事をウェブ制作と呼びます。細かい流れはウェブ制作会社によって変わってきますが、この記事ではウェブ制作の流れを紹介していきたいと思います。まずホームページを作る前にサイトのコンセプトを考えます。何故サイトのコンセプトを決めるのか、それはサイトの方向性を決定する為です。サイトの方向性が定まっていないと、制作進行の過程でトラブルが起きた際に立ち返る事が出来なくなってしまいがちなんです。

サイトの更新は誰が担当するのか決める

コンセプトが決まりましたら、サイトのセールスポイントを整理していきます。セールスポイントを整理し、その中からユーザーに一番伝えたいポイントを考えます。同時に簡単なサイトマップを作成。次はサイトの更新を制作会社及びクライアントのどちらが担当するのか決めていきます。更新をどちらの会社が担当するかによって更新のスムーズさや発生するコストが変わってくるんですよ。ですから、どちらの会社が担当するかについては慎重に決めていく事が多いですね。

どのデバイスをメインとするのか

次はメインとなるデバイスを決めていきます。デバイスとはパソコンやスマートフォンの事です。メインデバイスをどのデバイスに想定するかによってサイトの仕様が大きく変わってくるんです。どのデバイスをメインにするか決めましたら、サイトマップを元にページを設計していきます。設計終了後にデザインを作成。コーディングやシステムを実装していきます。同時にサイトの動作確認も行います。最後にクライアントに納品をして終了となります。

コーディングとは、コンピューターなどでプログラム言語を用いてプログラムを記述する作業のことをいいます。